本文へジャンプ
森・川・海とひとが共生するやすらぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

平成28年台風10号に係る介護保険サービス利用料の免除について

更新日: 2017年8月28日

【お知らせ
 
 平成28年台風10号の被害に遭われました方の介護保険サービスの利用料について、
 平成29年12月31日まで減免の延長を行います。

平成28年台風10号に係る介護保険サービス利用料の免除について

宮古市では、平成28年台風10号の被害に遭われました方の介護保険サービスの利用料を減免します。
利用料の免除を受けるには申請が必要となります。


免除の対象者

平成28830日に県内市町村などに住所を有し、【表1】のいずれかに該当する宮古市介護保険の被保険者

※要介護認定を受けている(申請中も含む)方が対象となります。
【表1】のアに該当する方で、1118日までに罹災証明書の交付を受けた方は、申請の必要はありません。
  対象の方へは、平成281128日付けで認定証を送付しておりますので、ご確認ください。
※世帯に変更があった方や、罹災証明書の交付日によって送付の対象とならない場合がありますので、その際には申請をおねがい
  します。


免除期間

平成28830日 ~ 平成29年1231


申請場所

宮古市介護保険課(市役所本庁3階)


用意するもの

介護保険証、印鑑(スタンプ印を除く)、【表1】に記載の書類
※利用料免除の対象者で、すでに介護保険サービス事業所に利用料を支払った場合の払い戻しについては、宮古市介護保険課に
  ご相談ください。



【表1】対象・必要書類一覧

対象 必要書類
ア.住宅が全半壊、全半焼した方罹災証明書(住宅に限る)
イ.世帯の主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った方【死亡の場合】
不要(転入などで市が事実確認できない場合のみ、確認のための戸籍謄本など)
【重篤な傷病の場合】
罹災により1か月以上の治療を要すると認められる医師の診断書
ウ.世帯の主たる生計維持者の行方が不明な方・遺族補償年金などの支給決定通知書の写し
・左記理由により、災害弔慰金の支給を受けたことが分かる書類の写し
・第三者(事業主、病院長、施設長、民生委員、隣人など)の証明書
エ.世帯の主たる生計維持者(介護サービス利用者を含む)が業務を廃止し、または休止した方・自営業の場合、事業を実施していた場所の罹災証明書(「店舗等」となっているもの)
・公的に交付される書類のうち、事実確認が可能なもの(税務署に提出される廃業届、異動届の写しなど)
・事業主などによる証明書(公的に発行される書類での確認が困難な場合)
オ.世帯の主たる生計維持者(介護サービス利用者を含む)が失職し、現在収入がない方・雇用保険受給資格者書(災害による離職)
・事業主などによる証明書(公的に発行される書類での確認が困難な場合)
・漁業の場合は、漁船等の被災証明書

お問い合わせ

保健福祉部介護保険課
電話: 0193-62-2111ファックス: 0193-62-7422

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市新川町2番1号
電話 0193-62-2111/ファックス 0193-63-9114/電子メール info@city.miyako.iwate.jp