本文へジャンプ
森・川・海とひとが共生するやすらぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

潮吹穴

更新日: 2016年6月7日


 潮吹穴は、浄土ヶ浜の北、日出島地区と休暇村陸中宮古の間の海岸にあります。 潮吹穴の岩の下は海食洞(波の浸食でできた洞窟)になっていて地上につながっています。
 大きな波が打ち寄せると、波の圧力に押されて海水が地上に吹き出します。 吹き上げる潮の高さは、波の高低によって差がありますが、特に波が荒く、北東の風が強い時には30メートルにも達し壮観です。
 この潮吹穴は規模が壮大で、全国でも屈指の大きさ
 昭和14年9月に国の天然記念物に指定され平成25年9月24日に三陸ジオパーク・ジオポイントに認定されました。
 (海が穏やかな時には、残念ですが潮を吹くのを見学できません。)

※危険ですので、遊歩道の柵を越えて海側の岩場に降りるのは止めてください。
※被災により、自然歩道を利用して姉ヶ崎方面と浄土ヶ浜方面には現在行けません。

展望台から撮影した潮吹穴。条件が揃えばさらに高く吹き上がります。奥に見えるのが日出島。


 1億年前に堆積した宮古層群の礫岩(れきがん)で、淡水の流下、海水の浸蝕作用により洞穴が生じたものと考えられています。
 潮吹孔の深さは海底まで約16メートル、洞穴の奥行は約20メートルと考えられています。

右図は潮吹穴断面図

出典「工藤一及び宮古高校地歴研究部日出島研究生徒グループ 1965年」(『宮古市の自然』昭和55年3月発行 宮古市)

図中「花崗閃緑岩」は「原地山層」であるとの指摘があります。
潮吹穴断面図.jpg

基本情報

指定・認定

昭和14年9月7日 国指定天然記念物
平成25年9月24日 三陸ジオパーク・ジオポイント

場所

宮古市崎鍬ヶ崎
宮古市マップはこちら

交通案内

JR宮古駅からバス(休暇村行)で25分
バス停潮吹穴入口下車徒歩約20分
JR宮古駅から車で20分(約9km)※駐車場まで
東北自動車道盛岡南ICから車で135分 ※駐車場まで

駐車場

乗用車20台(大型バス可)

施設

展望台、トイレ、身障者用トイレ(トイレは駐車場にあります)
※展望台は駐車場から徒歩約10分です

お問い合わせ

産業振興部観光港湾課
電話: 0193-62-2111ファックス: 0193-63-9120

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市新川町2番1号
電話 0193-62-2111/ファックス 0193-63-9114/電子メール info@city.miyako.iwate.jp