本文へジャンプ
森・川・海とひとが共生するやすらぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

津波遺構たろう観光ホテルについて

更新日: 2017年11月29日

未来に 震災の記憶・教訓を 伝える取り組みをしています

津波遺構たろう観光ホテルとは

                                            
 たろう観光ホテルは、1986(昭和61)年に建設後、市民や観光客に愛される施設として、営業されてきました。

 2011(平成23)年3月11日の東日本大震災で、高さ17メートルを超えるとも言われる津波の被害を受けて、4階まで浸水、2階までは柱を残して流失しましたが、倒壊することなく現在の姿で留まりました。

たろう観光ホテル

津波遺構保存整備事業とは

たろう観光ホテル


 被害を受けた建物の取り壊しが進む中、宮古市では、甚大な被害の記憶を風化させることなく、後世に伝えるための「津波遺構」として保存することを決定しました。

 2014(平成26)年3月に宮古市が取得、2016(平成28)年3月までに、被災した「ありのままの姿を残すこと」を目的とした保存整備工事を終えました。

 今後は、訪れる人々に津波の恐ろしさを伝え、訪れる人々の防災意識を高めることにより、震災による被害が繰り返されないよう、現在の姿のまま保存していきます。

津波遺構保存に関する寄附金について


 「津波遺構たろう観光ホテル」を、津波遺構として長期保存するため、広く寄附金を募っています。

 いただいた寄附金は、「たろう観光ホテル」の維持管理等に使わせていただきます。

皆様のご協力をお願いいたします。

学ぶ防災

施設内の見学は、「学ぶ防災ガイド」(一社 宮古観光文化交流協会)をご利用ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

「津波遺構保存整備事業に関する寄附金」手続について

 ご寄附の方法については、こちらをご覧ください。
 ご不明な点等がございましたら、宮古市観光港湾課までお問い合せください。


関連リンク

 学ぶ防災ガイド

お問い合わせ

産業振興部観光港湾課
電話: 0193-62-2111ファックス: 0193-63-9120

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市新川町2番1号
電話 0193-62-2111/ファックス 0193-63-9114/電子メール info@city.miyako.iwate.jp