本文へジャンプ
森・川・海とひとが共生するやすらぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

宮古市内における空間放射線量の測定結果

更新日: 2017年9月28日

宮古市では、独自に市内各地における空間放射線量を定期的に測定しており、その値は国が示す基準をクリアしており、日常生活等において影響を与える状況ではありません。誤った風評に惑わされることのないよう、正しい情報を入手するようにしてください。

放射性物質・放射線の基礎知識はこちら環境省のHPより

調査の概要

測定日、測定地点

原則第2水曜日
 津軽石小学校、重茂小学校、田老第一小学校、旧茂市小学校、川井小学校
原則第3水曜日
 市役所本庁舎、藤原小学校、小山田保育所、磯鶏保育所
※各測定地点の測定場所は下段添付ファイル「市内測定場所」に図面があります。

測定方法

各測定地点の校庭などで地表面から5cm,50cm,1mの高さで、30秒間隔で5回値を読み取りその平均値を測定値とします。

測定機器

機種名:シンチレーション式サーベイメータ TCS-172B(日立アロカメディカル株式会社製)
※測定値には指示誤差が生じますので、測定結果は参考数値となります。

評価方法

私たちは、普段から放射線を浴びています。たとえば食物や大気には、普段から放射性物質(カリウム40やラドンなど)が含まれています。
そのほかにも、宇宙や大地から放射線を受けています。これらを「自然放射線」と呼びます。
※一人当たりの自然放射線による年間被ばく線量(世界平均)・・・2.4ミリシーベルト
(内訳)
外部線量
 宇宙から0.39ミリシーベルト  大地から0.48ミリシーベルト
内部線量
 吸入により1.26ミリシーベルト(主にラドン)  食物から0.29ミリシーベルト

文部科学省・厚生労働省は自然放射線を含まない外部被ばく放射線量については年間1ミリシーベルト以下が望ましいとしております。
現在市内の空間放射線量の測定結果は、毎時平均0.05〜0.12マイクロシーベルトで年間線量に換算すると0.26〜0.63ミリシーベルトであり、自然放射線を含んでも年間1ミリシーベルトを下回っており、日常生活や学校生活等において放射性物質が健康に影響を与える状況ではありません。

測定結果から推定される年間の外部線量を求めるには、以下の計算式により算出します。

測定結果による推定被ばく線量(年間)の算出方法

年間線量(mSv/年)=測定値(μSV/時)×(8時間+0.4×16時間)×365日÷1,000
 ※1mSV(ミリシーベルト)=1,000μSV(マイクロシーベルト)

【年間外部被ばく線量を推計する場合の条件】

  • 測定した場所に1日8時間、その場所の木造家屋に1日16時間いるものと仮定
  • 木造家屋内滞在における被ばく量低減効果を60%(係数0.4)と仮定

測定結果

測定結果については下記のファイルをご覧ください。
市内の測定結果は、日常生活や学校生活等において放射性物質が健康に影響を与える状況ではありません。
引き続き、定期的な測定を実施し、市内の放射線量について監視して参りますので、冷静なご対応をお願いいたします。

薪ストーブ等の焼却灰について

福島県において、民家で使用された薪ストーブの灰から、高濃度の放射性セシウムが検出されました。
宮古市は、放射能汚染重点地域外ですが、安全確保のため市内で薪ストーブを利用している方は、焼却灰を次のとおり取り扱うようお願いいたします。

  1. 薪ストーブ等の焼却灰は可燃物として出してください。
  2. 薪ストーブ等の焼却灰は畑などにまいたりするのは控えてください。

(参考)薪ストーブ等焼却灰の放射性物質濃度測定結果(市測定)

測定地域 採取日 測定結果
市内5地点平成24年4月26日〜27日○放射性ヨウ素
すべての地点において不検出
○放射性セシウム(134と137の合計)
最低値72ベクレル/kg
最高値4300ベクレル/kg
※市内5地点の薪ストーブを使用している世帯を無作為抽出し測定

リンク

添付ファイル

お問い合わせ

市民生活部環境課
電話: 0193-62-2111ファックス: 0193-63-9123

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市新川町2番1号
電話 0193-62-2111/ファックス 0193-63-9114/電子メール info@city.miyako.iwate.jp