本文へジャンプ
森・川・海とひとが共生するやすらぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

平成28年台風第10号に係るり災証明書について

更新日: 2016年10月31日

 平成28年度の台風10号により建物に被害のあった方に対し次のとおり「り災証明書」を発行しております。

り災証明書の受付について

 平成28年11月より受付会場及び受付日を変更いたします。

  • 受付会場 宮古市役所本庁舎2階 税務課 (田老・新里・川井総合事務所および津軽石・花輪出張所での受付は行いません。)
  • 受付日 月曜日~金曜日(祝日を除く)
  • 受付時間 午前9時~午後4時30分
  • 手数料  無料

申請できる方

  • 平成28年度の台風第10号により居住または所有していた建物に被害を受けた方
  • 平成28年度の台風第10号により使用していた建物に被害を受けた事業者

申請に必要なもの

個人の場合

  • 身分証明書(運転免許証、保険証、マイナンバーカードなど)
  • 委任状(ご本人、同一世帯員以外の方が申請される場合。申請書の委任状欄をご利用いただけます。) 

法人及び事業主の場合

  • 法人代表者(事業主)の印 または、代表者(事業主)のからの委任状の記載のある申請書
  • 代理人(来庁して手続きする方)の身分証明書
※申請書は、このHPからダウンロードできます。

申請される皆様へ お願い

被害調査は調査員が外観目視で浸水深を計測して行っております。被害判定に疑問があり、被害程度が外観では判断しかねる場合は、被害のわかる写真、証明書類等をお持ちください。
再調査が必要と判断される場合は、現地調査を行ってから、後日交付することになります。
(再調査する場合は、即日交付できません)

注意事項

  • 住家の申請において、居住の実態が確認できない場合は「住家」では交付できません。
  • 住民登録地は被災していないが、実際に居住していた家屋が被災した場合、居住実態を確認できる書類(水道光熱費の請求書など)をご持参ください。
  • 必要に基づき調査等を行いますが、被害状況が確認できない場合は、交付できません。

郵便請求について

直接おいでいただくことが困難な方で、判定結果に疑問のない方については郵便での請求に対応できます。

  • あらかじめ税務課へお電話にて判定結果をご確認ください。(結果に疑問のある方は再調査の調整を行います。)
  • 以下のものを税務課あてに郵送してください。
  1 申請書 (このホームページからダウンロードできます。)
  2 身分証明書の写し (現住所・氏名・生年月日などの確認ができるものが必要です。)
  3 返信用の封筒 (返信に必要な郵券を貼って、宛名をご記入ください。)
  
   ※送付先 〒027-8501 宮古市新川町2番1号 宮古市役所総務部税務課 あて

再交付請求について

  • 再交付の場合も、新規申請と同様に申請書をご記入いただきますので、本人確認書類などのご提示を願います。

【お願い】
り災証明書は、コピーをお取りいただいて使用されますようお願いします。

【り災証明書とは】
損害保険会社への請求や各種支援制度を受ける際に必要となるもので、建物の被害を証明する書類です。


り災証明申請書ダウンロード  28_10thApricationForm.pdf (128kbyte)pdf

お問い合わせ

総務部税務課
電話: 0193-62-2111ファックス: 0193-63-9111

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市新川町2番1号
電話 0193-62-2111/ファックス 0193-63-9114/電子メール info@city.miyako.iwate.jp