本文へジャンプ
森・川・海とひとが共生するやすらぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

308 税制上の優遇措置について(ふるさと納税、寄附金控除)

更新日: 2014年1月28日

都道府県・市区町村への寄附は寄附金控除が受けられます

ここからは、ふるさと納税に関する寄附金控除について説明します。

"寄附金+税額控除"=ふるさと納税

「ふるさとの市町村へ直接納税する」というのは税法上、きわめて困難であったようです。
そこで考え出されたのが、寄附金控除を拡充した「間接的」な納税の仕組みでした。
"都道府県・市区町村に寄附したとき、その寄附金額に応じて税額控除を受ける" という仕組みで、具体的には「寄附金(※1)のうち2千円を超える部分について、住所地で課税される個人住民税所得割の概ね1割を上限として、所得税と住民税が軽減」されます。
上限を超える寄附をした場合は、実質的な自己負担が2千円以上になるケースもあります。また、確定申告をしないときは、所得税の軽減を受けられません。

※1 複数の都道府県・市区町村に対し寄附を行った場合は、その寄附金の合計額となります。

→ 概要については、こちら(総務省)をご覧ください。
→ 税制改正により一部変更された点があります。変更点については、こちらをご覧ください。

寄附金の領収書を添付して確定申告を 

寄附金控除を受けるためには、寄附を行った人が、都道府県・市区町村が発行する領収書等を添付して申告を行っていただく必要があります。申告時期は例年、2月16日頃~3月15日頃です。申告先は、住所地を管轄する税務署あるいは住所地の市区町村です。
所得税の確定申告用紙は複写式で、2枚目が住民税計算用として居住地の市区町村へ届くことになっていますから、所得税の確定申告を行う人は住民税の申告は不要です。


→ 国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を用いて寄付金控除を申告する方法はこちらをご覧ください

→ 国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」はこちらからご覧いただけます。

お問い合わせ

総務部税務課
電話: 0193-62-2111ファックス: 0193-63-9111

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市宮町一丁目1番30号
電話 0193-62-2111/ファックス 0193-63-9114/電子メール
info@city.miyako.iwate.jp