本文へジャンプ
「森・川・海」とひとが調和し共生する安らぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

森の巨人たち100選

更新日: 2020年7月31日

森の巨人の愛称「重茂の大ケヤキ」
 
林野庁が選出した「森の巨人100選」に選ばれた、十二神自然観察教育林のケヤキについて愛称を募集したところ、44名54点の応募がありました。本当にありがとうございました。
平成14年12月、十二神千古の森保全協議会で選考を行なった結果、久慈市の工藤政男さんの作品「重茂の大ケヤキ」を採用させていただくことになりました。
 
※ 重茂(おもえ)…十二神山の所在地の地名(宮古市重茂)

重茂の大ケヤキ十二神自然観察教育林内にそびえる「重茂の大ケヤキ」は、高さ約28m、幹回り3.77mで、樹齢は300年以上と推定されます。周辺の森林は、樹齢が150年から300年とみられ、100選に選ばれた大ケヤキに劣らない巨木が多いのが特徴です。最大のミズナラは幹回り5.2m。その景観はまさに大地に立つ「森の巨人たち」です。
教育林内はケヤキ、ミズナラ、トチノキ、ブナ、ハリギリ、カツラ、サワグルミ、ミズメなどが生育。林野庁では遣伝貴重保存として、世界遣産の白神山地と同様に大切に管理しています。

また、十二神自然観察教育林は、昭和61年4月に緑の文明学会から「森林浴の森」日本100選にも選ばれていて、その価値の高さがうかがえます。
県内で100選に選ばれたのは、本市の「重茂の大ケヤキ」と北上市の「和賀仙人姥スギ」の2本。東北からは27本が選ばれています。

お問い合わせ

市民生活部環境生活課
電話: 0193-62-2111ファクス: 0193-63-9110

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市宮町一丁目1番30号
電話 0193-62-2111/ファクス 0193-63-9114/電子メール
info@city.miyako.iwate.jp