本文へジャンプ
森・川・海とひとが共生するやすらぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

生活保護について

更新日: 2013年10月17日

生活保護とは?

いろいろな事情で生活に困っている世帯の最低生活を保障するとともに、一日も早く自分の力で生活できるように手助けをする制度です。

生活保護を受ける前に…

次のような努力をしてください。

  • 能力に応じて働いてください。働けるのに働かないかたは生活保護を受けることはできません。
  • 預貯金や自動車、生命保険、貴金属、最低生活に必要のない不動産などの資産、財産などがある場合は、まずそれらを活用、処分して当面の生活にあててください。
  • 親・子・兄弟姉妹・親戚などから援助が受けられるかたは、まずそれらを受ける努力をしてください。(これは、生活保護を受給してからも同じです。)
  • 社会保障制度(例えば、傷病手当や失業保険・各種年金・児童扶養手当など)で受けられるものは全て受けてください。

生活保護が必要かどうかは?

国が定めた基準により、家族構成・年齢など、その世帯の状況に応じて1ヶ月分の最低生活費を計算します。この最低生活費と、その世帯の1ヶ月分のすべての収入とを比べて保護が必要かどうか決定します。
*収入とは具体的には次のようなものをいいます。

  • 働いて得た給料など *基礎控除、必要経費などの控除が認められます
  • 年金・恩給・各種手当てなど
  • 仕送り(お金の他、米や野菜なども含みます)
  • 生命保険等の満期及び解約返戻金など
  • 資産を処分して得たお金

*生活保護は原則として個人単位ではなく、世帯単位で適用されます。

生活保護の種類

生活保護には8種類の扶助があり、世帯の状況に応じて必要な保護を受けることができます。

生活扶助 衣食など、日常生活に必要な費用
教育扶助 小学生、中学生の学用品、給食費などの費用
住宅扶助 家賃、地代、住宅補修などに必要な費用
医療扶助 病気やけがの治療に必要な費用
介護扶助 介護サービスの利用に必要な費用
出産扶助 出産に必要な費用
生業扶助 生業や技能習得に必要な費用
葬祭扶助 葬祭に必要な費用

生活保護の手続き

相談・申請について
生活にお困りのかたは、まず、宮古市福祉事務所(宮古市福祉課生活福祉担当)にご相談ください。また、生活保護の申請は、ご本人か同居の家族、または親族のかたが申請してください。(病気などで来られないときは、電話などでご連絡ください。)
福祉事務所では、お困りの状況をお伺いしたうえ、必要な書類についてご説明いたします

調査について
申請受付後、必要な書類の提出をお願いしたり、必要に応じて健康状態、資産の調査、扶養義務者への問い合わせを行います。
また、数日後に福祉事務所の職員があなたのお宅に伺い、生活保護を受ける要件に当てはまるかどうかについての確認をさせていただきます。提出が必要な書類はできるだけ早く福祉事務所に提出してください。提出が遅れると保護の決定ができなくなったり、遅れたりする場合がありますのでご協力ください。

保護の決定について
あなたの世帯が生活保護を受けられるかどうかについては、原則として申請日から14日以内に決定します。(ただし、調査などで日時がかかる場合は、30日以内に決定することがあります。)また、生活保護の開始は、原則として申請日以降となります。

生活にお困りのかたはまずご相談を…。

お問い合わせ

保健福祉部福祉課
電話: 0193-62-2111ファックス: 0193-62-7422

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市宮町一丁目1番30号
電話 0193-62-2111/ファックス 0193-63-9114/電子メール
info@city.miyako.iwate.jp