本文へジャンプ
「森・川・海」とひとが調和し共生する安らぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)

更新日: 2021年2月9日

「企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)」を募集しています!


<募集中の事業>
 
〇地域再生計画「宮古市まち・ひと・しごと創生推進事業」

 宮古市が「誰もが、いつまでも、住み続けたいまち」を目標とし、「宮古市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づいて実施する事業が、令和2年11月に地域再生計画として認定されました。

地域再生計画「宮古市まち・ひと・しごと創生推進計画」(第58回認定) (276kbyte)pdf
 (参考)第2期宮古市まち・ひと・しごと創生総合戦略 (1,150kbyte)pdf

 

 

事業の主な内容は、次のとおりです。
ア 「地域の魅力向上を図り、より快適で豊かに暮らせる環境をつくる」事業
    【具体的な事業】 ・路線バスの確保 ・充実と利用促進事業 等
イ 「子どもを産み育てやすい環境をつくり、結婚・出産・子育ての希望をかなえる」事業
    【具体的な事業】 ・子育て支援体制の充実事業  ・学校・家庭・地域の連携と協働事業 等
ウ 「地域に根ざした産業を振興し、生活を支える所得が得られる仕事を創出する」事業
    【具体的な事業】 ・産業支援体制の充実事業 ・再生可能エネルギーの導入促進事業 等

 

具体的な事業の例はこちらをご覧ください。
 

 ☆遊覧船の存続 (767kbyte)pdf
 ☆つくり育てる漁業プロジェクト (912kbyte)pdf
 
◎寄附申出書様式
 ・寄附申出書 (15kbyte)doc
 ・寄附申出書 (80kbyte)pdf

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)とは

 地方公共団体が地方版総合戦略に基づく事業を積極的に実施していくため、国が認定した「地域再生計画」に基づく事業に対し、企業が寄附を行った場合に、通常の損金算入に加えて、法人住民税や法人事業税などを合わせて、寄附額の約9割に相当する額が軽減される制度です。


 寄附の要件
 ・下限となる寄附額は1口10万円です。
 ・宮古市内に本社(地方税法における主たる事務所または事業所)のある企業は対象外です。
 ・寄附を行うことの代償として本市から経済的利益を受けることは禁止されています。
 ・寄付額は事業費の範囲内です。
 ※本制度の対象となる寄附額の上限は、事業の実績額です。

企業版ふるさと納税活用の流れ

 1 寄附の申し出
    寄附申出書により、寄附の申し込みを行う。
 2 寄附の払い込み
    寄附を払い込み。
 3 税制措置の手続き
    寄附の払い込みの後、本市から領収書を発行。
    申告の際に、地方創生応援税制適用の寄附を行った旨を伝え、領収書の写しを添えて手続き。

 

  企業版ふるさと納税ポータルサイト(内閣府地方創生推進事務局) ⇒ リンク




<終了した事業>

〇地域再生計画「フェリーでつながる宮古・室蘭地域交流促進事業」
 (平成29年度から令和元年度実施事業)

 

 宮古市が取り組む「フェリーでつながる宮古・室蘭地域交流促進事業(宮古・室蘭市民交流事業)」が、平成29年3月に地域再生計画として認定されました。

 平成30年6月に岩手県として初の宮古市・室蘭市間のフェリー航路開設され、物流促進、観光振興、市民交流など北海道・東北間の経済活性化や交流促進に大きな効果が期待されています。
 当事業では、フェリー就航後の航路活用を促進するため、フェリー利用者の増加を目的とした市民交流等の取り組みを行いました。


地域再生計画 (265kbyte)pdf


  ◆協力企業様のご紹介
   <平成30年度>
     川崎近海汽船株式会社
       氏   名  川崎近海汽船株式会社 代表取締役社長  赤沼 宏  様
       住   所  東京都千代田区霞が関3丁目2番1号
       寄付金額  100,000円


問い合わせ

市企画課 地域創生推進室
郵便番号027-8501(住所不要)、電話65-7056、ファックス63-9114
電子メールkikaku@city.miyako.iwate.jp

お問い合わせ

企画部企画課
電話: 0193-62-2111ファクス: 0193-63-9114

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市宮町一丁目1番30号
電話 0193-62-2111/ファクス 0193-63-9114/電子メール
info@city.miyako.iwate.jp