本文へジャンプ
「森・川・海」とひとが調和し共生する安らぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

豚熱(CSF)について

更新日: 2020年11月18日

CSF(豚熱)について

CSF(豚熱)は、豚、イノシシの病気であって、人に感染することはありません。
仮にCSFに感染した豚の肉や内臓を食べても、人体に影響はありません。
CSFに感染した豚の肉が、市場に出回ることはありません。

農林水産省ホームページ CSF(豚熱)について

CSF(豚熱)とは

1.CSFウイルスにより起こる豚、イノシシの熱性伝染病で、強い伝染力と高い致死率が特徴です。
2.感染豚は、唾液、涙、糞尿中にウイルスを排泄し、感染豚や汚染物品等との接触等により感染が拡大します。
3.治療法はなく、発生した場合の家畜業界への影響が甚大であることから、家畜伝染病予防法の中で感染伝染病に
  指定されています。
4.世界各国に分布しているが、北米、オーストラリア、スウェーデン等では清浄化を達成しています。
5.なお、ASF(アフリカ豚熱)とは、全く別の病気です。

農林水産省ホームページ ASF(アフリカ豚熱)について

死亡した野生イノシシをみつけたら・・・

平成30年9月9日に豚熱の発生が確認された岐阜県の農場の周辺等で、
発見された「死亡した野生のイノシシ」の一部が
豚熱に感染していることが確認されています。

このことを受け、死亡イノシシの豚熱感染の検査を行いますので 
「死亡したイノシシ」を見つけたら、家畜保健衛生所に連絡をお願いします。

 検査対象とするかどうかは、死亡イノシシの状態及び発見場所を考慮し、
聞き取りにより家畜保健衛生所が判断します。
 「死んでから時間がたっている」「腐敗がひどい」「山の奥や崖で回収が困難」等の場合、
対象から除く場合があります。
 なお、捕獲イノシシは対象外となります。

連絡先 岩手県中央家畜保健衛生所:019-688-4111(土日祝祭日 090-8926-2732)
     岩手県中央家畜保健衛生所が所管する市町村はつぎのとおり
       盛岡市、宮古市、八幡平市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町
       紫波町、矢巾町、山田町、岩泉町、田野畑村

お問い合わせ

産業振興部農林課
電話: 0193-62-2111ファクス: 0193-63-9116

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市宮町一丁目1番30号
電話 0193-62-2111/ファクス 0193-63-9114/電子メール
info@city.miyako.iwate.jp