本文へジャンプ
「森・川・海」とひとが調和し共生する安らぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

有害鳥獣による農作物等の被害防止について

更新日: 2021年3月31日

市は、「鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律(平成19年12月21日法律第134号)」第4条第1項に基づく「宮古市鳥獣被害防止計画」を策定し、各種施策によって被害の削減に取り組んでいます。

宮古市鳥獣被害防止計画(令和元年度~令和3年度)  (393kbyte)pdf

被害防止については、「農林水産省マニュアル」等を参考に取り組みをお願いします。

「実施隊」の活動にご協力を

宮古地区猟友会の推薦を受けた方を「宮古市鳥獣被害対策実施隊」として任命し、
市の非常勤特別職員として、被害防止計画に基づく有害鳥獣の捕獲、捕獲技術の向上、
担い手の育成などの活動を、年間を通じて実施しています。
隊員はオレンジ色のベストと帽子を着用し、細心の注意をはらって活動しています。
ご理解とご協力をお願いします。

※狩猟免許を新たに取得し、宮古市鳥獣被害対策実施隊として活動をする人を対象に、
 免許取得経費などの一部を補助します。
 詳細は問い合わせください。
 ①第1種銃猟=狩猟免許取得経費・猟銃購入経費の2分の1を補助(上限10万円)
 ②わな猟=狩猟免許取得経費の2分の1を補助(上限1万円)

電気柵等での被害対策を支援します

野生鳥獣による農作物被害を防ぐため、電気柵等の侵入防止策の設置が有効とされています。
宮古市では、電気柵等の侵入防止柵を設置する場合、資材の購入経費の3分の2を補助します。
 対象者 : 宮古市に住所を有する農業者又は農業者が組織する団体
 対象経費 : 電気牧柵、侵入防止柵等の導入に要する経費(設置費用は除く)

宮古市有害鳥獣被害防止対策事業費補助金交付要綱【H30.4改正】 (77kbyte)doc

※申請窓口は、農林課(宮古市役所2階)となります。見積書、印鑑、通帳を持参のうえ、お越しください。

※電気柵の設置にあたっては、人に対する危険防止のため、電気事業法に基づく安全確保が必要です。
 →経済産業省ホームページ

農作物被害報告について

ニホンジカ等の野生鳥獣による農作物の被害があった場合は、「報告届」の提出をお願いします。
報告いただいた内容については、市の施策実施に活用するほか、
国・県による「野生鳥獣による農作物の被害状況調査」の基礎資料となります。
令和元年度農作物被害
 岩手県 4億200万円
 宮古市    250万円

調査対象期間 令和2年4月から令和3年3月まで

提出先 宮古市産業振興部農林課(宮古市役所本庁舎2階)
     またはお近くの総合事務所か市役所出張所


農作物被害報告様式 (212kbyte)doc

地域ぐるみでの取り組みについて

大規模な電気柵の設置等、複数の農家や集落単位での被害対策については、
国の交付金が活用できる場合があります。詳しくは問い合わせください。

農林水産省ホームページ 鳥獣被害対策コーナー

お問い合わせ

産業振興部農林課
電話: 0193-62-2111ファクス: 0193-63-9116

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市宮町一丁目1番30号
電話 0193-62-2111/ファクス 0193-63-9114/電子メール
info@city.miyako.iwate.jp