本文へジャンプ
「森・川・海」とひとが調和し共生する安らぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

茂市久美子童話コーナー

更新日: 2021年1月8日

子どもの純粋な想像力を育む

童話作家  茂市 久美子  (もいちくみこ)

茂市久美子さんは、宮古市(旧新里村茂市)出身です。1992年に第3回ひろすけ童話賞を受賞した『おちばおちばとんでいけ』(国土社)ほか、『あなぐまモンタン』シリーズ(学研)『つるばら村』シリーズ(講談社)など、たくさんの本を書いている童話作家です。
『おちばおちばとんでいけ』がJR岩泉線を舞台にしているように、古里をイメージした作品が多いのは、幼少のころに曾祖母から聞いた昔話の影響と、少女時代には童話を読んで多感な時代を過ごし、アンデルセンのような物語を書くのが夢だったからだそうです。
また、ヒマラヤに咲く青いケシの花を見るのが願いだった茂市さんは、夫の山岳写真家藤田弘基さんと一緒にネパールやヨーロッパの山岳地方を訪ね、『私のヒマラヤ紀行』(恒文社)などの紀行も出版。自然を素材に、象徴化されたしみいるような言葉で、子供にも大人にも感動を与える本を書き続けています。
茂市久美子.jpg

茂市久美子童話コーナー

当センターの図書室には茂市久美子さんの童話コーナーがあります。
パネルでプロフィールや作品を紹介しています。
コーナーにある図書は自由に見ることができ、貸出も行っています。

茂市久美子童話コーナー.jpg

茂市久美子さんは、故郷の小中学校と当生涯学習センター図書室へ、新刊図書をご寄贈いただいております。
当コーナーと図書室には茂市さんからいただいた 図書が多数あります。



最新刊のご紹介

魔法のたいこと金の針.JPG『魔法のたいこと金の針』
茂市久美子 作   こみねゆら 絵

雪のふる夜、地上におりてきた鬼の子が仕立て屋さんにおねがいしたことは…?

あかね書房 2019年12月発行
定 価 : 本体1,200円(税別)


お問い合わせ

教育委員会生涯学習課
電話: 0193-62-2111ファクス: 0193-63-9112

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市宮町一丁目1番30号
電話 0193-62-2111/ファクス 0193-63-9114/電子メール
info@city.miyako.iwate.jp