本文へジャンプ
「森・川・海」とひとが調和し共生する安らぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

児童扶養手当制度

更新日: 2020年4月24日

平成24年8月から、配偶者からの暴力(DV)で裁判所から保護命令が出された場合も申請できることになりました。
平成26年12月から、公的年金との併給ができるようになりました。
政令改正により、令和2年4月からの手当額が改定になりました。(2.手当月額をご覧ください)

児童扶養手当とは

父又は母のいない児童の家庭や、実質的に父又は母が不在の状態にある児童の家庭に対し、その生活の安定と自立の促進を図ることを目的として支給されるもので、児童が心身ともに健やかに成長するよう役立ててもらおうとするものです。

1.支給対象

児童扶養手当は、18歳に到達後最初の3月31日までの間にある児童又は20歳未満で法令で定める程度の障害の状態にある児童を養育している方に支給されます。ただし、前年(1月から7月までの月分の手当については前々年)の所得が一定額以上の場合には、所得制限により一部又は全部が支給されません。

2.手当月額(令和2年4月分以降)

所得額によって全部支給、一部支給、全部停止のいずれかに決定されます。

                  児童1人 児童2人のときの加算額
(児童1人の金額に下記金額を加算)
児童が3人以上のとき
3人目以降の加算額
全部支給  43,160円   10,190円 6,110円
一部支給
(所得に応じて金額が決定されます。)
  43,150~10,180円 10,180~5,100円 6,100~3,060円

3.支払時期

児童扶養手当は、制度改正により平成31年から支払時期が変更されました。
令和2年度は、5月、7月、9月、11月、1月、3月の11日に、それぞれの前月分までが支払われます。
なお、11日が休日等のときは、その直前の休日等でない日となります。

4.所得制限限度額

所得には一定の控除があり、また、所得制限限度額は年によって変更されることがあります。
詳細については市こども課窓口へお問い合わせください。

5.児童扶養手当法第13条の3の規定に基づく一部支給停止措置について

児童扶養手当法の規定により、下記(1)(2)のいずれか早いほうが経過した場合、手当の2分の1を支給停止することとされています。
(1)支給開始月の初日から起算して5年
 (※ただし手当の認定請求日において3歳未満の児童を監護する受給資格者については、
   当該児童が3歳に達した日の属する月の翌月の初日から起算して5年を経過したとき)

(2)手当の支給要件に該当するに至った日の属する月の初日から起算して7年
   ただし、下記の事由に該当する場合、それを証明する書類の提出により、一部支給停止措置の対象から除外されます。

  1. 就業している。
  2. 求職活動等の自立を図るための活動をしている。
  3. 身体上または精神上の障害がある。
  4. 負傷または疾病等により就業することが困難である。
  5. 監護する児童または親族が障害、負傷、疾病、要介護状態等にあり、受給者が介護する必要があるため、就業することが困難である。

リンク

お問い合わせ

保健福祉部こども課
電話: 0193-62-2111ファクス: 0193-62-7422

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市宮町一丁目1番30号
電話 0193-62-2111/ファクス 0193-63-9114/電子メール
info@city.miyako.iwate.jp