本文へジャンプ
「森・川・海」とひとが調和し共生する安らぎのまち
サイトマップ
検索方法  
宮古市
音声で読み上げる
文字の大きさ
拡大標準縮小
背景切り替え
Language
Japanese
English
中文簡体
中文繁體
한국어

医療給付・後期高齢者医療について

更新日: 2020年10月1日

後期高齢者医療制度

75歳以上(一定の障害がある人は65歳以上)の方を対象にした医療制度です。

  • 後期高齢者医療制度の保険証を発行します。
  • 現在加入の国保等(医療保険)からは脱退になります。
  • 保険料を納めていただきます。
  • 保険料は原則年金からの天引きになります。

東日本大震災で被災された被保険者の皆様へ
 平成23年3月11日に発生した東日本大震災で被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。
 東日本大震災により被災された被保険者の方は、後期高齢者医療制度の一部負担金の免除制度があります。
 また、「住家の全半壊」「生計維持者の死亡または行方不明」のため医療費の一部負担金が免除されている方に対する免除証明書の有効期限を、原則令和2年12月31日まで延長します。

詳しくは、岩手県後期高齢者医療広域連合のホームページをごらんください。


平成28年台風10号で被災された被保険者の皆様へ
 平成28年8月30日に発生した台風10号で被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。
 台風10号により被災された被保険者の方で、「住家の全半壊」のため医療費一部負担金の助成を受けている方の
助成対象期間を、令和2年12月31日診療分まで延長します。


令和元年台風19号で被災された被保険者の皆様へ
 令和元年10月12日に発生した台風19号で被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。
 岩手県後期高齢者医療広域連合が行う台風19号に係る医療費一部負担金免除は令和2年9月30日診療分までで終了しました。市ではこの免除の期間延長を目的として医療費助成を行います。対象者、申請方法及び必要書類は次のとおりです。
 ※令和2年9月30日まで一部負担金免除を受けていた方については、そのまま医療費助成に引き継ぎますので、改めての申請の必要はありません。

 ◆対象
  【表】のとおり
 ※東日本大震災による一部負担金免除該当者及び平成28年台風10号による医療費助成対象者は除きます。
 ◆受付場所
  総合窓口課(市役所本庁舎1階)
 ◆必要なもの
  後期高齢者医療被保険者証、印鑑に加えて、【表】に掲げる書類
 ◆申請方法
  必要書類を添えて受付場所で申請してください。 

【表】医療費助成の対象者と必要書類
事由 必要な書類
(1)住家の全壊、大規模半壊または半壊罹災証明書
(2)主たる生計維持者が死亡重篤な疾病死亡診断書、医師の診断書など
(3)主たる生計維持者が業務を廃止または休止公的機関への休業・廃止届書など
(4)主たる生計維持者が失職し、収入なし雇用保険の受給資格証、事業主等による証明など

「住家」とは、被災時に現に居住していた住宅または家財を言います。居住していない倉庫、小屋、別荘、過去に住んでいた住宅は該当しません。


新型コロナウイルス感染症に伴う「後期高齢者医療保険料」の減免について
 新型コロナウイルス感染症の影響により、下表の減免事由に該当する方は、申請により保険料が減免になる場合があります。
 減免を希望する場合はご相談ください。


【表】保険料の減免対象と必要書類
減免事由 減免割合 必要な書類
(1)主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病100%死亡診断書、医師の診断書など
(2)主たる生計維持者の事業収入などの減少が見込まれ、次の要件のすべてに該当
・事業収入などの減少額が、前年の当該事業収入の30%以上
・前年の合計所得金額が1,000万円以下
・減少することが見込まれる事業収入などにかかる所得を除いた前年の所得の合計額が400万円以下
前年の合計所得金額などによって異なります主たる生計維持者の2年分の収入がわかる書類
※令和2年度分の書類
・給与明細書
・収入が確認できる帳簿 など
※令和元年度分の書類
・源泉徴収票
・確定申告書の控え など
(3)上記(2)に該当し、かつ主たる生計維持者が事業を廃止または失業100%解雇通知書、離職票、雇用保険受給資格者証、廃業届 など
「事業収入など」とは、給与収入、事業収入、不動産収入、山林収入のことをさします。

医療費給付事業

乳幼児・小中学生、妊産婦、重度心身障害者、ひとり親家庭及び寡婦の方に医療費の助成をしています。
宮古市では、中学校卒業までの全ての子どもが医療費の全額助成を受けられるよう、市独自の事業を行っています。

 ⇒医療費給付事業の詳細へ

  医療費助成給付申請書のダウンロードはこちら

中学生の給付方法が変わります
 令和2年8月診療分から、中学生の「現物給付」(窓口無償化)が始まります。(ひとり親医療給付、重度医療給付を
受給されている中学生も対象です。)
 県内医療機関の窓口で受給者証を提示することにより、保険診療の自己負担金を窓口で支払うことなく受診できます。
 また、医療費給付申請書の提出は不要になります。

ご不明な点があれば、ご遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせ

市民生活部総合窓口課
電話: 0193-62-2111ファクス: 0193-63-9110

宮古市役所
〒027-8501 岩手県宮古市宮町一丁目1番30号
電話 0193-62-2111/ファクス 0193-63-9114/電子メール
info@city.miyako.iwate.jp